探偵はBARにいる(2010)

東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』の第2話 『バーにかかってきた電話』 の映画化。監督は、橋本一、主演は、探偵の大泉洋とボディーガードの松田龍平。

いつものバーに「コンドウキョウコ」を名乗る女性の電話で調査の依頼が舞い込む。調査の結果、 1年前、放火されたビルから遺体で発見されたのが「コンドウキョウコ」であったと知り、探偵は困惑する。

探偵はBARにいる(2010)のあらすじ

探偵(大泉洋)が根城とするススキノのバー「ケラーオオハタ」に「コンドウキョウコ」を名乗る女性が過去の事件の調査を依頼してくる。

早速、とある弁護士(中村育二)を揺さぶった「探偵」は、帰り道「どう見てもその筋の方々」に拉致され、雪原に生き埋めにされる。辛くも脱出した「探偵」は、このままでは済まさないと、調査を開始する。依頼は、2年前の札幌の再開発計画絡みの放火殺人事件とその実行犯の変死、1年前の実業家暴行殺人事件に関連すると思われたが、放火されたビルから遺体で発見されたのが「コンドウキョウコ」であったと知り、困惑する。後日探偵は、かつて放火ビル地である会館を訪れ、弁護士である南を尋ねるが彼は放火事件とは全く関係ないと否定する。捜査が難航する中、探偵はクラブオーナーの沙織(小雪)と出会う。彼女は殺された霧島 敏夫 (西田敏行)の元妻であり、彼女自身も犯人を恨んでおり、彼女も探偵に犯人の捜査を依頼してしまう。

その後の捜査で放火ビルは札幌の新興暴力団「花岡組」が地上げを掛けていたことが判明し、その新聞の記事には事件から約4日後に死体で発見された田口晃(武井椋 )が主犯だということも判明した。翌日、探偵は死んだ田口晃の両親の元を訪ねた。田口の家庭は既に崩壊しており父親は鉱山事業が閉鎖して以来ろくに働きもせず、母親の僅かな収入源のみで家計はいつも火の車であり、息子の晃はそんな父を見かねて不良の道でもある花岡組へ進んで行ったのだ。

そして探偵は花岡組のファーム「則天道場」へと足を踏み入れる。だが早々に花岡組と乱闘になり、拷問を受けていた道場の塾生を救出し難を逃れる。その後、探偵は罪を認めるよう塾生を警察に引き渡した。だが探偵はなぜ花岡組は放火ビルに地上げをかけたのか。そして霧島は誰に殺されたのか。その二つの疑問だけが残った。後日、再びコンドウキョウコから連絡が入り今度はカトウと名乗る男を探して欲しいと依頼される。コンドウキョウコ曰くカトウという男が事件の鍵を握る人物であり、探偵はカトウの関連人物と連絡をとりカトウに会いに来るよう頼む。翌日、探偵は待ち合わせ場所に向かうとそこに現れたのは探偵を生き埋めにした奴らであり同時に花岡組の連中が向かって来た。コンドウキョウコが言っていたカトウという男は花岡組の若頭(高嶋政伸)だったのだ。もちろん探偵を生き埋めにしたのもその男だった。危機を感じた探偵はすぐにその場を後にし、これまでの状況を整理し始める。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。